読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お姉ちゃんはウィンクができない

お姉ちゃんへのヤンデレ気味な愛情を囁くブログ

ジャニオタさん(女性)を分類してみた

お姉ちゃんのオタ活を理解するために

独自にジャニオタさん(女性)を分類してみた。

もちろん非ジャニオタの考えた、てきとうな分類なので

ジャニオタさんからすれば突っ込みどころが多いかと思います。

あくまで、しっぽ自身がお姉ちゃんを理解するための

セルフヒントだということを念頭に置いてお読みください。

 

大きく3つのカテゴリーを作り

それぞれにさらに2つの小さいカテゴリーを作ってみました。

 

①プリンセス(姫)

ジャニーズさんを王子様として愛している人たち

疑似恋愛だったり、本気愛だったり

理想の異性として、ジャニーズさんを愛している(ように見える)

 

スリーピングビューティー(眠り姫)

現実の王子様(彼氏)が現れたら目が覚めるタイプ

あくまでジャニーズさんは憧れの王子様であって、現実世界の王子様ではない

目が覚めてオタ卒する人もいるし、別腹として楽しむ人もいるっぽい

 

スノーホワイト(白雪姫)

年を重ねても王子様にときめくタイプ

王子様のキスで目覚めた白雪姫は年を取って魔女になる

ジャニーズさんという美味しい毒林檎を娘に与え、巻き込むこともあるみたい

 

②オーディエンス(観客)

距離を持ってジャニーズさんを愛している人たち

あくまでジャニーズさんは別世界の住人という認識

ジャニーズさんが見せてくれる、様々なエンターテインメントを深く愛している

  

レビュワー(評論家)

ジャニーズさんが見せるエンターテインメントを愛しているタイプ

ダンス、歌、お芝居、バラエティなど、ジャニーズさんが創り出すものを見つめている

担当さんの成長を見守り、たまには厳しく批評する感じ

 

レンジャー(自然保護官)

時々見えるジャニーズさんの素の表情を、深く愛しているタイプ

ジャニーズさん同士の関係性や物語性を重要視する傾向が強いっぽい

ありのままの姿、ありのままの関係性を細かくチェックする

 

③ビリーバー(信者)

ジャニーズさんを神として敬愛している人たち

自分の根源的な部分にジャニーズさんがある(ように見える)

どんなことがあっても、ジャニーズさんへの愛を捨てられない感じ

 

ファナティック(狂信者)

自分が信じるジャニーズさんの存在は絶対的

だからこそ、攻撃的になってしまう人もいるタイプ

逆に全てを受け入れられる、悟りの境地に達している人もいるっぽい

 

アーティスト(芸術家)

ジャニーズさんはインスピレーションを与えてくれる美神

マンガや小説を創り出さずにはいられないタイプ

創作に繋がる場面を、ステージの上やテレビの中などに探している

 

以上、しっぽが思いついた分類でした!

実際はこの分類が複数、混ざり合った人が多いのかなと思います。

うちのお姉ちゃんはアーティストをベースに

レンジャーとレビュワーが混ざってる感じかな?

 

みなさんは、どれに当てはまりそうですか?